2010年03月11日

ふと、懐かしい味が恋しくなってキャラメルを買う

会社で昔のお菓子の話をしていたら、懐かしい味が恋しくなってしまいました。

森永ミルクキャラメル

思わずコンビニに寄って、森永ミルクキャラメルを購入。
パッケージデザインは私の一番古い記憶とほとんど変わりません。
昔はキャラメルが白い紙に包まれていたと思いましたが、今は銀紙なんですね。
味は変わっていない気がします。
本当はセイカ食品のボンタンアメが欲しかったのですが、これはこれで。

調べてみたら、森永は明治32年(1899年)の創業当時からキャラメルを作っているんですね。
このパッケージデザインになったのは大正3年(1914年)です。
ボンタンアメは大正15年(1926年)に製造開始で、森永のキャラメルが競合商品だったそうです。
数多くの新製品が出ては消えていくお菓子市場で、現代に残るレトロなお菓子は不思議な魅力があるように思います。



ラベル:写真
posted by くろねこ三等兵 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。